top of page

海老篭漁始まる!!


北海道の登別市では、毎年3月から秋にかけて海老篭漁(えびかごりょう)が行われます。

今年も海老篭漁が始まり地元の漁師たちは、市場のセリに間に合わせる為に夜に海へと出かけます。

海老篭漁は、海老を捕獲するための漁法のひとつで、海老篭と呼ばれる籠にサバやイワシ等のエサを取り付けて海中に沈め、1日から数日ほど放置しておくことで海老を集めます。


登別市周辺の海域には、海老の他にもカニやタコなどの海産物が豊富に生息しており、地元の漁師たちは、多様な漁法を駆使して海から豊かな収穫を得ています。

海老篭漁は、厳しい寒さや大自然の中での労働が必要ですが、その分、美味しい海老が味わえるとあって、地元の人たちや観光客からも人気があります。

地元の飲食店や家庭でも、地元の海産物を使った料理が食され、多くの人々がその味を楽しんでいます。

登別市の海老篭漁は長い歴史を持ち、地元の漁師たちにとっては生活の一部として大切な存在です。今後も地元の伝統を守りながら、海の恵みを大切にしていきたいと考えています。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page